忍者ブログ

ほうじ茶と季節の和菓子

  • posted at:2010-07-29
  • written by:青木猿頬(サルボー)
四条通から堀川通りへ、廃校になった小学校をリノベーションした文化施設や
ギャラリーを巡りながら歩いておりました。
暑い日の真昼間です。ジリジリと肌を焼き額に汗がにじむ頃、「氷」の小さな
のれんが風に揺れ、冷たいお茶の響きが。
えいっと涼みに立ち寄ったお茶屋さんでは奥に坪庭が見え
藤の弦で編みこんだテーブルが涼しげで
BGMの無い店内は上品な空気を味わえます。
何よりこれぞ京都じゃありませんか(^▽^)♪て感動しました。

注文しましたのは、ほうじ茶と和菓子のセット。
一煎目はお店で入れていただき、二煎目はガラスの涼しげな急須に冷水を
入れて、1分後についでいただきます。
生和菓子は三種類から一つ選び美味しきました。
古くから盆地で夏は他県より暑かった京都において、目で涼を楽しむという文化は
和菓子にも深く息づいておりまして
いただいた和菓子からも穏やかな清流の水面、小豆の川底の小石
その中に淡く色づく水草を想像させる抹茶の緑。

涼はクーラーや扇風機の風、冷たいかき氷からだけとれるものではありません。
人の想像力が涼を感じ取れるものなのです。
そんな京都、いいですねぇ。

拍手[0回]

PR

クリマありがとうございました

  • posted at:2009-06-16
  • written by:青木猿頬(サルボー)
名古屋クリエーターズマーケットVol20出展行って参りました。
相変わらずひっそりとやってるはずの似顔絵の方が本作を食って
しまっているという逆転劇が起きる私のブース・・・(^^;
しかしながら激励のお言葉、お褒めのお言葉、興味深げにご覧いただきました
お客様には心から感謝申し上げますと共に、今後とも青木インパクト
をよろしくお願いいたします。

さて毎度ながら簡単な旅行記をご報告。

2009年6月13日
朝6時に枚方市を出発し新幹線で新大阪から名古屋まで約1時間
そこからあおなみ線にのりかえ金城ふとう駅で会場のポートメッセなごや到着。
ブースNo.B-94は角でしたので空間を有効に使えました。
というかもてあましていた感もあります(笑)
レンタルしていた什器のフェンス二枚をV字型にしてVの字の中心部分に私が座り
両サイドのフェンスに作品をかけていったのですが
これ、どちらに視線をやろうとしても私の存在が邪魔なんですよね(汗)
そんな私は前回同様仮面をかぶっていましたが、前回よりも子供に泣かれました。
何も仮面に描いてないものは逆に怖いんだなぁと学習しました。
そんなこんなで沢山のお客様にお越しいただき名阪の似顔絵関係の方々とお話
させていただくなどありながら初日は終了。色々勉強になりました♪

2009年6月14日
ホテルのテレビをつけっぱなしにして寝てしまっていたので
朝のニュースがぼんやりと聞こえてきました。
そこで知った最新の某プロレスラー氏のお亡くなりになられたというニュース。
プロレス、格闘技も好きなのでそのニュースにビックリして一気に目が覚めました。
時間にしてタイマーセットしてた時間の2時間前に起床。
ホテルのマスコットフクロウちゃんに挨拶して(毎回恒例なんです)宿を出て
2日目スタート。
幾分穏やかな一日となりましたが私としては残念無念。
お客様にも沢山お越しいただきご好意いただきましたりもしましたが
私の中ではまだ足りない、もっといい作品をご提供できなければ
と自身の表現の一押しの力不足にただただ物足りなさを残しました。
次回も出る予定ですが自戒はもう少し洗練させようと思います。
終了後大阪の作家様と帰路を同道し、私はそのまま帰宅しました。

過去から毎回私のブースにお越しいただき似顔絵を描かせていただいております
方や、応援いただいておりますお客様が一人でもいる限り、私は
クリマに出続けると思います。
私の力足らずはもう少し鍛えておきます。申し訳ありません。
というか・・・やっぱり「E・G・G」シリーズは大きい絵の方が力が強いな。

最後に初日個人でウェルカムボードを描かさせていただいた新郎様より
その風景の写真などいただけましたありがとうございます。

拍手[0回]

花に囲まれて

  • posted at:2009-03-19
  • written by:青木猿頬(サルボー)
先日二日間淡路島に行ってまいりまして
春を先どる花々のほのかな香りに囲まれておりました。

天候は朝方雨で降水確率90%とまで言われておりましたが
高速バス乗り入れ口のJR舞子駅につく頃にはすっかりの快晴。
風は浜風により多少強く、その風の冷たさにまだ冬の名残が感じられ
寒い寒い言いながら一路淡路島へと向かうのでした。

一日目は淡路夢舞台敷地内でブラブラと散策しながら同敷地内にある
ウェスティンホテル様にて一泊いたしました。
私も今まで一人旅やボウリングの遠征で各地のホテルに泊まりましたが
やはり気楽に泊まれればサービスが無くてもいいというシティーホテルや
ビジネスホテルとは違い、決め細やかなサービス、充実した設備
そして海の見渡せるデラックス!な部屋が未知の体験でしたね。

二日目は水平線上に顔を出す朝日を眺めながら起床。
そのままチェックアウトしてバスで一路南あわじ方面へ。
あわじファームパークイングランドの丘に行くのが目的で
結局バスの路線を間違え(迂回路が違った)て少し離れたバス停で降車し
田園風景の中をブラブラ歩きながら目的地まで。
快晴の大空の下、たまねぎ畑や菜の花、もうじき出荷なのでしょう春キャベツ
の畑を眺めながら、子供の頃の田舎の思い出に苦笑しつつも
到着しましたイングランドの丘。

羊が暴走特急のように目の前を走り抜けたり、コアラが寝ていたり。
牧場ならではの美味しい牛乳からつくったソフトクリームなどに舌鼓。
カラスがでかかったし、小鳥が多いこと多いこと(笑)
他にも色々エミューとかワラビーとかウサギとか・・・
もちろん花々もまだ早かったもののたくさん咲き始めており
ここには生命が溢れているなぁと感動しました。

帰りはバスが終了(?!)していたもので近くのバス停までまたブラブラ歩き
日が暮れるころにようやく帰路につきました。

暮れから今年の初旬まで鬼のように忙しかったので(これからもですが;)
そのご褒美ということで、たまったストレスを吐き出しに行った淡路島でしたが
やはり自然の力は凄いですね。
色んなことが見えてきて、そして色んな疲れが実はたいしたことでもなくて
都会の生活にどっぷり浸かるのももう少し考えにゃならんなと思いましたね。

さて、これからは引越しの予定や名古屋のクリマの準備など
まだまだ忙しくなってまいります。
疲れたとき、また自然に触れガス抜きをしようと思います。

拍手[0回]

初詣

  • posted at:2009-01-04
  • written by:青木猿頬(サルボー)
京都に初詣に行ってまいりました。
そもそも近畿圏で初詣に行ったことがほとんど無いため(会社で行った事はあるが)
さて、いよいよ楽しみで当日は朝からワクワクしておりました。
最初は八坂神社にと思っておりましたが、八坂の塔まできたはいいものの
神社がわからず、そのまま道の流れに沿って、清水寺まで行ってしまいました。
実は清水寺の境内の中まではいらさせていただいた事は初めてだったので
清水の舞台ももちろん初めて実際に見ましたし、あがりました。

おみくじは買えませんでしたがお参りはさせていただきました。
内容は言ってはいけないということで内緒です。
木の音、玉砂利の音、線香の煙、流れ行く冬の雲。
京都の東側を散策して晩御飯を食べて帰りました。

今年はアート生活の発展期だと思っておりますので
スケッチ、ウェディングボードのお仕事と共に新作をバリバリ描いていきます。
この初詣がきっとその時にエネルギーの源になると信じて。

拍手[0回]

名古屋の話とその後の話2

  • posted at:2008-06-18
  • written by:青木猿頬(サルボー)
名古屋から帰って大阪は雨でした。
傘を持っていなかったので散々な目にあって帰宅。

翌日の月曜日はそのまま朝から会社だったのでお仕事。
おや?まぶたが開かない・・・。
頭もズキズキする。
咳がでる。

そんなこんなでぐったりしながら仕事をこなして気力も無いまま帰宅。
薬を飲んでメールチェックをしているまでは記憶にあったんですが、
いつのまにかそのまま床で寝てしまい、腰は痛いはなんやらで昨日17日に至ります。

17日は詳しいことは省略しますが病み上がりで体力も無く
精神的にも燃え尽きた感と疲れとショックなことなどでボロボロで
帰宅までの記憶がまったく無かったです。

今も少し疲れが残ってますが明日からまた気持ちを入れ替えてこうと思います。

拍手[0回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

最新コメント

[05/03 猿頬]
[05/03 葉っぱ]
[01/09 青木インパクト]
[01/07 木南]
[12/11 青木インパクト]

 

最新トラックバック

 

プロフィール

HN:
青木猿頬(サルボー)
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/08/15
職業:
現代肉筆浮世絵師
趣味:
一人旅、サバイバルな生活
自己紹介:
旧名:青木インパクト
2015年1月にて改名

 

バーコード