忍者ブログ

COMING SOON!!!

  • posted at:2007-08-13
  • written by:青木猿頬(サルボー)
いよいよdustboxのニューアルバムリリースです!待ってました!
8月22日!この日はテレビアニメ苦手の私が唯一見ているアニメのグレンラガンのD
VD第2巻がリリースされる日でもあるのでタワレコで二つまとめて買っとこうかなと考
えています。

dustbox公式サイトからリンクされているMyspaceより新曲の視聴が出来るので、興
味がおありの方は一度聴いてみて下さい(^^)PVも貼られています!
今回の曲もどれもいい感じですね。Sad感があまり感じられないのは前回とは違いま
すね。前回は13枚のきらめく葉っぱという意味でしたが、今回は虹の種?という意味
のようなので、より明確に、さらに大きく希望に満ち溢れているということなのかな。
リリースに伴うツアーがもちろんありますが、これ行きたいなぁ♪

グレンラガンは簡単に言うと、重みもあるし涙も誘う痛快なロボットアニメです。
こちらも興味がおありの方は公式サイトでチェックしてみてください。
パッと見、最近のよくあるアニメと変わらないじゃんと思う絵ですが、動くと違うんです
よぉ(^^)三部作くらいに分けて映画のレベルで製作していたらたぶんここ数年のロボ
ットアニメはとても勝てないくらいのクオリティだったのではないかな、と。

私は今まで押井守のパトレイバー三作とガンダム0083、あとブラックジャックOVA、バ
ジリスク、この四つしかアニメを好きになったことはないし、あまり見ていませんが、グ
レンラガンもこの四つに加わるなと思います。
※「萌え」の要素が無く、真面目で、絵が綺麗で、重みのある作品が好きなんです。


そんな訳で今年の夏の終わりも耳と目で楽しめるイベントが出来てよかったです。

拍手[0回]

PR

NATSU・SONG

  • posted at:2007-07-28
  • written by:青木猿頬(サルボー)

「夏といえば」ってミュージックの世界でカテゴリ付けされることがよくありますよね。

定番なのは王道のTUBE、サザン、湘南の風、ケツメイシ、ベンチャーズ、あとは沖
縄のミュージシャンはほぼ「夏といえば」に当てはまりますね。

さて、ふと考えてみると「夏」を連想させるミュージシャンは男性が多いですね。
逆に、「冬」と「春」は女性ミュージシャンが多いような気もします。
これはどういうことなんでしょうか?繊細で心静かな季節と、イケイケアゲアゲな季
節という分類からいえば、男の声の方が暑苦しくて季節表現がしやすいという事な
のかもしれませんね(^^)

さて、「夏」を感じさせる女性ミュージシャンはちゃんといるもので、GO!GO!7188とか
BONNI PINK、あとはZONEかな?浜崎あゆみ、倖田来未となるとオールシーズン
対応なのでここではあえて除外(^^;)

あと、私的に夏を感じることの出来るアーティストはCOCCOなんですよ。
夕立の降ったあとの晴れ間にような、入道雲沸き立つ青空のような、そんな風景を思
い浮かべる彼女の歌に最近はまっています。
ドキュメントとか見てると沖縄訛りがキツイので何言っているかたまに分からないとき
もありますが、彼女を通して沖縄の空気を感じることが出来ます。

移りゆく四季を歌でつむぐことの出来る国、日本。
私はこれからも空気を体感できるアーティストを応援いたします。

拍手[0回]

いよいよ来ます

  • posted at:2007-07-05
  • written by:青木猿頬(サルボー)
dustbox公式サイトのメンバー日記より、ついにお待ちかねの4thアルバムの
レコーディング及びマスタリングが終了したようです♪

秋には出るのかしら?
待ち遠しいぜー!!!

拍手[0回]

Sound in the Sky

  • posted at:2007-05-04
  • written by:青木猿頬(サルボー)

今年のゴールデンウィークは珍しく前半二日間はフリマ巡りです。
いつもは仕事しているかたまの休みをぐうたらしているかどちらかなんですが、今回
は頭に刺激を加えないといかんと思いあっちこっち飛び回る所存です。

ほんでもってその初日は万博記念公園でFUNKY MARKET2007に行ってきました。
FM802というラジオ局が協賛でとても盛況。今年で何回目かは知らないけれど、毎年
この5月3日にやっているとの事で、生粋の大阪っ子で無い私には何もかもが新鮮!

基本青空フリマって感じなのだけれど、公園ということで、緑の中を思い思いに楽しん
でいらっしゃるようで、ブルーシートもひかずに芝生の上で昼寝している人もいました。
あとはバトミントンやってる人が多かった(^^;

太陽の塔はやっぱり偉大ですね。あの迫力は岡本太郎氏ならではのものでしょう。

そんな太陽の塔の足元で、ほんのちっぽけな私は聴いたのです。雲一つ無いこの青
空にどこまでも響く波を。

FM802が主催でラジオと連動で行われていたライブは中盤に入っていて、秦基博とい
う男の人がステージに立ったときにそれは起こりました。
6月6日にリリースされる新曲を先行で聞けたのも嬉しかったですが、アルバム収録曲
「僕らをつなぐもの」、最後に歌った「シンクロ」はもう、鳥肌ものでした。

髪の量が多くてこの時期暑いんですよとはにかむ秦さん。
その歌声はハスキーなところもありながら見事なまでの声量。サビで歌い上げるところ
では独特の高音が、大空に太くて大きなレーザーを照射するように突き抜けて、広がり
見上げた空には、子供がつい手を離したのであろう、ヘリウム入りの風船が紐をつけた
まま彼の大空へ昇っていきました。 どこまでも、どこまでも・・・。

blogd.jpg
君のその胸の鼓動と 僕の胸のざわめきが
響いて 響き合って 同じように震えあって
まるで同じもののようにシンクロするよ

僕ら手をつないで 雨の中を駆け出すよ
降り注ぐ冷たさも もう怖くはないんだよ
僕ら重なり合うから 二人で さぁ行こうよ

                「シンクロ」 秦基博

拍手[0回]

歌えるものなのですね

  • posted at:2007-04-23
  • written by:青木猿頬(サルボー)
カラオケに行きました。
色々歌ったのですが、遊びで歌ったマキシマム・ザ・ホルモンの「恋のメガラバ」
これがまともに歌えたのが自分でもびっくりです。
ダイスケはん(キャーキャーうるさい人)の英語詞にも聞こえるあのまくし立ては
ハッキリ言って私のように舌が回らない人間には歌えんだろうと思っていました。

同じくセックスマシンガンズの「みかんのうた」・・これもまともに歌えたんですね。
声出んだろうと思っていたんですが。

そして尾崎豊の「I love you」が思いのほか好評だったようで・・・(^^)
この日一日で歌えるレパートリーがかなり増えました。

てかカラオケはかなり久しぶりだったので5時間歌いっぱなしで貧血になりました。
ストレスは解消されましたが、一緒に何かが飛んでいった気がします(笑)

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

[05/03 猿頬]
[05/03 葉っぱ]
[01/09 青木インパクト]
[01/07 木南]
[12/11 青木インパクト]

 

最新トラックバック

 

プロフィール

HN:
青木猿頬(サルボー)
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/08/15
職業:
現代肉筆浮世絵師
趣味:
一人旅、サバイバルな生活
自己紹介:
旧名:青木インパクト
2015年1月にて改名

 

バーコード