忍者ブログ

ジャケット

  • posted at:2008-09-02
  • written by:青木猿頬(サルボー)

今は色々アートの方面でやることがたくさんあるので
悩みが尽きない人生ではありますが、幸せな悩みだと思ってます。

今一番関わっている時間が長いのは似顔絵ではなく「ミュージックジャケット展」
作品制作です。というか制作前に頭の中で構築する作業で一日頭を使ってます。
好きなアーティストの架空のジャケットを考えてみる(肖像権に違反しない程度に)
このテーマがかなり難しいことに実際向き合ってみて初めて気づきました。

「私だったらこうするのにな」とか簡単に考えているなら痛い目見ますよぉ(^^)
アルバムのジャケットを考える時、フルアルバムだと曲それぞれ印象も主題も
違うので、メイン曲を中心に他とリンクさせつつ、アーティストのイメージも保ちつつ
そんなことをやっているうちに足し算になって、ジャケットがゴチャゴチャになります。

凄いジャケットと言ったら、古くはクリムゾン・キングの宮殿とかチャンバワンバの
赤ちゃん入れ歯ジャケ、アディエマス、はっぴいえんど、NIRVANAなどなど

近い過去ならミスチルの骨&肉、サラブライトマンのベスト、HOT SQUALLの某
ビッ○リマンジャケ、マイケミのウェルカムトゥブラックパレードなどなど

最近だとやっぱりDMC?(笑)

確実に一度見たら記憶に残ると言う意味ではクリキンの宮殿、チャンバワンバ
がダントツだとは思うのですが、顔のアップって本当に強いですよね。
あと赤ちゃん(笑)
顔のイラストを描いている私にとっては武器となるいい題材なんですが
上記のような理由でどうしたものか悩んでいます。

ちなみに「凛として時雨」の4thをテーマにしました。
今も曲を聴きながら頭をフル回転させています。
良いのが出来たらいいんですけどね♪

そんな「ミュージックジャケット展」は来月10月初旬から中旬まで
大阪の中津アートカクテルにて展示されます。
展示だけのイベントではないので気合が違いますよ(><)
 

拍手[0回]

PR

絞まる喉、聞こえる耳

  • posted at:2008-08-17
  • written by:青木猿頬(サルボー)
ユニバーサルシティーウォークでの似顔絵描きは相変わらず
目標描画時間を越すというスランプから脱出できず、試行錯誤しているうちに
面白みのない画風になるのが嫌で、軽くストレス。
画風を変えずにより早く描けるようにならないと、いらんところでまた
変な病気にかかりそうです。ホンマ損な性格だと思います。

帰り道、急に喉が絞まりだして(気道が細くなった感じ)晩御飯の買い物レジ
での「ポイントカードはございますか」の問いに「はい」とも声が出ない状態。
コクコクうなずいて慌ててカードを出す。
お釣りを受け取る手が震えて、小銭を落としかける。
徒歩10分以内の距離が途方も無く遠く感じる。
途中、猫に出くわしていつもならにらみ合ったりして遊ぶんですが
そんな元気も無く、フラフラと帰宅。

今はあったかい飲み物と漢方(薬は飲みません!)で落ち着きました。
これから先いつまた同じ目にあうかと思うと、これまたストレス。

顔のうちマトモに機能している目と耳でまたいい曲を見つけました。
・UNLIMITS「クローバー」
・POP'NMUSIC15「凛として咲く花の如く」

この2曲はいいですよ(^^)
「凛として咲く~」はアーケード音ゲームの収録曲で、このゲーム自体
今まで2回しかやった事がありませんし今後もやることはないでしょうが
偶然ネットで聴いて良いなと思ったんです。

それでは寝ます。oreちゃんは元気です。

拍手[0回]

最近聴く趣味

  • posted at:2008-08-09
  • written by:青木猿頬(サルボー)
手の平のトビヒ以外は一時期のひどさはなりを潜め、かなり楽です。

9日は知り合いの子のバンドがライヴをするということで午後から
某キャンパスまで向かいまして、その帰りの足でそのまま
中津アートカクテルで18時から似顔絵を描かせていただきます。

その準備で色々忙しくパソコンに向かっておるわけですが
耳では最近気になっている音楽を聴いています。
以下がそのラインナップ

・DAISHI DANCE「ジブリset」
・凛として時雨
・ミドリ
・NUMBER GIRL

なんだこのラインナップ(^^;
ロックとパンクとエキセントリックとアンダーグラウンドと美しさと
見事にチャンプルーしたローテーションですね;
DD(DAISHIDANCE)はすでに超がつくほど人気ですが
凛として時雨、ミドリはパンクですけれどすごく異端。
でもすごくかっこいい!

私はdustboxとか美メロ重視の正統派のパンクを好んで聞いてますけど
今回色々病気をしてから頭の回路がどっか違えたのか
こういうのも好きになりました。

ギターは弾けないし、専門用語も詳しくないけれど凄いって言うのは
なぜか分かる「凛として時雨」
男女ツインボーカルですがどちらも声が凄く高いので
例えば芸人の「もう中学生」みたいな
だから声だけなら好き嫌いが分かれるかもしれないんです。
でもすごくかっこいい!

ミドリは・・・ライジングサンとかフェスでかなり目立ってたバンド
というかインパクトが強くて正直年齢制限かかる勢いのバンドですね;
でもなぜかわからないけれどかっこいいんだよなぁ。

そんなわけで以上に挙げた音楽を気になった方がいらっしゃいましたら
一度聞いてみてくださいね。

拍手[0回]

いい音楽

  • posted at:2008-06-14
  • written by:青木猿頬(サルボー)
最近はWRECkingCREWとNO USE FOR A NAMEとマキシマム ザ ホルモン
ばっかり聞いているけれど、今日名古屋に行くとき用に新しいやつ買ってきました。

サマソニに去年から出てて今年のサマソニにも出るUKのバンド「HADOUKEN!」
なんて読むかですって?そのまんま「ハドーケン!」です(笑)
某有名格闘ゲームのあの技をそのままバンド名にしたクールな彼ら。
ジャンルは・・・なんじゃろこれ?ラウドの要素もあり、テクノっぽい音源だし
語り口はHIPHOPだし、TRANCEの匂いもわずかにします。

なんかトリップする感じがいいですね。
今までにない切り口で音楽を作ったって感じ。
私の頭もジュークボックスのCD切り替えみたいにガシャッと切り替ったかのようです。

これをポータブルに落とし込んで早速明日の名古屋への道から聞いていこうかな
と思います。
それにしても一個前の書き込みラリッてるな。誤字だらけだ・・・(^^;)

拍手[0回]

えぐり刺す哀愁

  • posted at:2008-04-26
  • written by:青木猿頬(サルボー)
WRECKingCReWというバンドは私が大学生の時にマキシシングル「哀歌」で
初めて聴いたバンドなんだけれど、ひたすら心にうずまく哀愁とか刹那とか
えぐっては刺すような勢いととげとげしさのある曲を歌っています。
メロコアとかストレートエッジなパンクとはまた一線を画す、独特な彼ら。
私はこういうのも好きです。

4年前1stフルアルバム出てたらしいんですが、その頃人生の絶不調期で何にも
興味が湧かず、無意識にいろんな今まで愛着のあったものまでゴミ袋に詰めて
捨てていってたので、存在すら気づきませんでした;
それで今日画材を買ったついでにいつも行くマルビルのタワレコで偶然彼らの2nd
アルバムを見つけて即買いして今聴きながら分ブログうってます。

ラピュタの「君をのせて」をカヴァーするってのにはビックリしましたけど(だって方向
性がちがうんだもの;)聴いてみると、WRECKingCReWのカラーを織り交ぜて変に
違和感のあるものにはなっておりません。気になった方は聞いてみて下さい(^^)

この人たちはライヴだとかなりかっこいいだろうなぁ。
BASS/Voの大塚さん(男)の低音のメインヴォーカルとGuitar/Voの千住さん(女)の
少しハスキーなハモリ(逆の時もある)の画って想像しただけでも渋いっスよ。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

最新コメント

[05/03 猿頬]
[05/03 葉っぱ]
[01/09 青木インパクト]
[01/07 木南]
[12/11 青木インパクト]

 

最新トラックバック

 

プロフィール

HN:
青木猿頬(サルボー)
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/08/15
職業:
現代肉筆浮世絵師
趣味:
一人旅、サバイバルな生活
自己紹介:
旧名:青木インパクト
2015年1月にて改名

 

バーコード