忍者ブログ

dustboxDVD

  • posted at:2010-12-07
  • written by:青木猿頬(サルボー)
dustboxの初となる映像作品を手に入れました。
10周年ツアーの4月22日新木場スタジオコーストでのライブ映像と
10年間のダイジェスト記録映像が収録されてます。

33曲とアンコール4曲という凄い長丁場。
さすがにメロコアのテンポでぶっつづけだとバテるんじゃないか(観客もろとも)
と心配しながら見てましたけどさすがに連戦練磨のパンクキッズは元気ですね。
私は中盤ちょっとバテました(汗)
でもラストに怒涛のフェイバリット曲連発で畳み掛けてくると、おっちゃんの私も
また復活してノリノリでした(テレビの前で)
生でこの場所に居れたらどんだけ楽しかっただろうなぁと羨ましかったです。
アンコールにネオチャベとSOP固めてくるところがdustboxらしいなぁ。
遅ればせながら10周年のTシャツも手に入れました。
来年着てたらいかんのかもしれないけれどまた来年dustboxのライヴあったら
前手にいれたやつかどっちか着て行きますからっ。

拍手[0回]

PR

NA~NANA,NA~NANA,NA♪

  • posted at:2010-11-25
  • written by:青木猿頬(サルボー)
ナーナナ、ナーナナ、ナーナナナナナナ♪
以上のフレーズだけで何の曲か分かった人は友達です。
最近職場のラジオでかかっててテンションが上がる曲
マイケミカルロマンスの「NANANA」です。
マイケミカルロマンスと言えばご存知、先のアルバム「ザ・ブラック・パレード」
で一躍日本でも洋邦ロックファン問わず有名になったパンクロックバンドです。
ここんちは最近ドラムがいつのまにか脱退していて「NANANA」のPV見たときに
あれ?ドラムどこいった?と困惑したものです。

曲の始まりからエンジン全開で中盤ものすごいチャージがあってのギターパート。
あのギターのところからラストまで滅茶苦茶かっこいいです。
グリーンデイとも親交のあるバンドというのもありますが日本人にも親しみやすい
メロディーで、グリーンデイが好きな人は当たりだと思うんです。
Voのジェラルド・ウェイさんは大の日本好きだそうですし親近感がもてますね。
(近隣諸国で色々物騒な話とかピリピリした関係になってますけど
私は日本人としてどんな国の人でも「日本が好きもしくは日本人が好き」っていう人
はとりあえず個人的に好きですよ)
脱線してしまいましたが気になった方は聴いてみてください♪

あさって11月27日から28日までの二日間は
兵庫県川西市の劇団演陣様稽古場とギャラリーにててづくりアートフェスです。
私もいつもよりは軽装ですが似顔絵を主にポストカードなど販売いたします。
今年最後のイベント参加なので是非是非描かれ納めにいらしてくださいね。

劇団演陣公式サイト
http://gekidanenjin.web.fc2.com/index.html

今年もあと一ヶ月ちょっと。来年のイベント参加も視野に
E・G・Gシリーズ新章の構想段階に入っています。

今年一年あちこちライブツアーと称して旅して回った「E・G・G」一同。
この前のデザインフェスタでツアーファイナルを終え、まさかの原画が売れる?
ってところまでいきました。(実際は私が梱包できるもの持ってなかったので
非売として説明しました。惜しいなぁ;)
来年は自分達のホームシティに根を下ろし、とあるライブハウスで活躍します。
作品としては今少し考えてる事があって結構実験的な感じになりそうです。
自分で言っておいて忘れるといけないので少しだけ構想をここにメモ↓

悲しみのどん底にいる私
友達に誘われ行ったとあるライブハウス
そこで歌う「E・G・G」メンバー
でも私の悲しみは消えない
しかしそこで演奏中のメンバーと目があった
その時ここから私の悲しみが抜けていく
※「私」の一人称視点で30枚ほどの物語展開
見る人がその「私」として世界に入り込む

早い話が初個展の観衆のイラストみたいな事をしようって事ですけど
この話を全部完成させていこうとすると来年秋までには終わるかなぁ。
もし来年夏ごろ個展が出来そうなら夏までには完成させたいです。

ナーナナ長くなりました。おやすみなさい。



拍手[0回]

starbow(☆ ☆)聴いてます

  • posted at:2010-11-13
  • written by:青木猿頬(サルボー)
dustboxの出たばかりのアルバム「starbow」聴いてます。
タイトルの(☆ ☆)はジャケット見たことある人ならお分かりいただけるはず。
ナンペイ氏の絵が今までの三部作でかなり強烈な個性を放ってましたけど
今回のは「なんかいいっ!」の一言につきます。
ジャケット裏には(☆ ☆)が泣いてる絵が描いてあり、これがまた良いっ。

「starbow」→スターボウとはSUGAさん曰く造語で、星で出来た虹なんだそう。
スター+レインボウ=スターボウというわけですね♪
メロディーからもSUGAさんの高音ボーカルからもそんな感じがします。

今年でdustbox10周年なのでLIVEDVDも発表されましたし
今さっき申し込みしときました(^^)売り切れてなければいいけどなぁ。

好きな曲やバンドからは結構影響受けるもので、個展や名古屋、東京で
バックドロップとして飾っていた観衆イラストも結構dustboxからの影響
受けているし、実際聴きながら描いてました。
おそらくあのバックドロップの評価が今までの作品の中でも一番いいのは
dustboxの曲やその他の良い音楽に恵まれていただからだと思います。

まさしくno music no lifeですね。イヒッ。

拍手[0回]

PUNKの秋

  • posted at:2010-09-10
  • written by:青木猿頬(サルボー)
ロットン&dustboxLIVEの熱がこの残暑に比例するかのように
まだまだ残っております9月の10日。
タワレコ梅田丸ビルに寄ってPUNKコーナーを覗きますと
これまたいいバンドが新譜出してたりアルバム出してたり
最近だとラグワゴン、NO USE FOR A NAMEのトリビュートと題して
コンピレーションCDも出てるし、私の中ではPUNKの秋です。大収穫です。

気になってるのは何枚かあるんですけどまだ一枚も買ってません。
現在要チェックなバンドおよびCDをあげると
■UNLIMITS
■S・M・N
■Fat Prop
■ラグワゴントリビュート
■NO USE FOR A NAMEトリビュート
■凛として時雨

S・M・NとFat Propはどちらも九州のバンドです。
九州人気はものすごいらしいですがS・M・NがYahoo!のトピックスに載った時
「知らん」とか滅茶苦茶言われてましたね(^^;
それくらい知る人ぞ知る凄いバンドな訳なんですけども。
Fat Propはメロディーとか歌詞とか明るくて綺麗で見事なまでに真っ当なバンドです。
S・M・Nが実力があり激しく、お馬鹿路線なので、今回何の因果か似たような時期に
表舞台に上がりだした異なる2バンド。その対比が面白いです。

2つのトリビュートアルバムにはいずれもdustboxが参加してます。
ラグワゴンのカバー曲は今現在私の着信音になってます。
NO USE FOR A NAMEは彼らのアルバムも一枚ですが持ってまして
今回日本のバンドがこのアメリカ西海岸パンクバンドの名曲をどう弾いてくれるのか
とか結構楽しみにしてます。

UNLIMITSはミニアルバム「蒼」がリリースされました。
このバンドはとにかく「哀愁」のバンドです。
「蒼」がとにかくいい曲です。

拍手[0回]

MUSE行ってきた

  • posted at:2010-08-29
  • written by:青木猿頬(サルボー)
京都は四条にある京都MUSEであったロットングラフィティーの
ツアーファイナルとdustbox見に行ってきました。

神戸の時はdustboxのツアーにSABOTENとか何組かが対バンしてて
私は隅っこで後ろの方だったので顔が見えなかったんですけど
今回は結構前に立てて(でもモッシュ怖いから隅っこ)ドラムスのレージさんも
しっかり見れましたよ。ガースーさんもジョージさんもかっけース。
ベースのジョージさんは体がごついのは昔っからですけど、レージさんを
近くで見たら何かごつくなってて、ビックリしました。
jupiterを最後に聴けたんで嬉しかったですね。現在一番好きな曲です。
11月の6枚目のアルバムまた買いますので。10周年おめでとうございます。

ロットングラフィティーは生で聴いた事はもちろん無く、初めて聴いたバンド
でしたがもっとゴリゴリのスクリーム(叫び)系かと思ったら歌詞も前向きで
観客も皆さんお祭りみたいなノリで楽しかったです。
バックドロップの髑髏男達のイラストもかっこよかったなぁ。
最後のカウントダウンモッシュwith「レージさんを潰そう」が面白かったです。

階段を降りるのも足がフラフラで
京阪四条駅まで歩くのも変な浮遊感があったのですが
夏の生温かい風にも何となく涼しさを感じ
気分よく帰路につきました。

あのライブでの暑さは不快感がまったく無いんですよね。
同じ暑さなのにどうしてあんなに爽やかな気分になれるんだろう。
9月一日に搬入するギャラリーそらさんの151人展の作品
実は2枚かいててより良いと思った方を出す事にしてるんです。
その二枚目のイメージが今回のライブで湧いてきました。

どんな作品かは151人展で。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

[05/03 猿頬]
[05/03 葉っぱ]
[01/09 青木インパクト]
[01/07 木南]
[12/11 青木インパクト]

 

最新トラックバック

 

プロフィール

HN:
青木猿頬(サルボー)
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/08/15
職業:
現代肉筆浮世絵師
趣味:
一人旅、サバイバルな生活
自己紹介:
旧名:青木インパクト
2015年1月にて改名

 

バーコード