忍者ブログ

キーチVS最終巻感想

  • posted at:2013-10-23
  • written by:青木猿頬(サルボー)
ずっと読み続けてきた「キーチ」と「キーチVS」が終わった。

どちらも新井秀樹氏が描いた青年誌の漫画で、内容がコアすぎて

サブカル扱いになってる感も否めない漫画です。

「キーチ」のあとに続編として「キーチVS」が連載されていて

キーチでは主人公染谷輝一が生まれてから小学生時代までのお話。

キーチVSでは主人公染谷輝一の21歳になってからのお話です。


染谷輝一(以下キーチ)がよく分からないんだけども強い

宿命のもとに産まれたらしく(沖縄のおばあが言ってました)

その宿命からなのか幼少期に目の前で両親を通り魔に殺され⇒

その後放浪(路上生活、山籠もりして野生児化)⇒

保護された後小学校に行ってクラスメイトを助ける形で

国会議員相手に喧嘩。国会議事堂前でその国会議員を糾弾⇒

キーチ国会議事堂の屋根に文字通り「雷を落とす」⇒

放浪時の保護者女性が事故で意識不明だったのを

奇跡を起こし覚醒させる⇒「キーチ」終わり。


この幼少期の激動の人生が今後のキーチという人物像を

形作るわけですが、とにかく「一人すごい、一人大事」という

一貫した自立心と主体性が世界を振り回すこととなりました。


成人したキーチはその後小学生時代からの相棒「甲斐」と

NPOのような団体を設立し地道に世直し活動。

その中で甲斐は政治の世界に行き、キーチは救いを求める

依頼者の一人に樹海に連れて行かれ、表向きは小さい劇団の

テロ組織の仲間となる⇒元総理大臣と経団連会長と

在日米軍司令官を拉致(!?)する⇒

甲斐、脱税容疑で捕まり、団体の仲間も散々な目に合う中

リーダーのキーチは、テロ組織の元リーダー「あや」への

恋心との間でかつての自分を次第に見失っていく⇒

甲斐、釈放後キーチと久しぶりに面会⇒

キーチが甲斐にすべてを話し甲斐も手伝うと誓う⇒

キーチと甲斐、テレビ番組を出演権を用意し、その場で

キーチの理想をこれからの子供たちに託し、自身は

今回の拉致事件首謀者であると明かす⇒世界大混乱⇒

米軍と日本政府(警察)、劇団が拉致の容疑者であると確信⇒

完全に追い詰められた劇団員、甲斐、あや、そしてキーチは・・・。


もうこのあらすじだけでとんでもないこと過ぎて

訳が分からないと思います。

実際細かいエピソード等はだいぶはしょってますので

何でこういう事になったのかわかりづらい部分もあるんですが

要はNPO団体として世直し活動していたんじゃキリが無くて

甲斐は活路を政治に見い出し(キーチを総理大臣にしようとした)

キーチは貧富や世代の差を根こそぎひっくり返してやろうと

していました(でもやり方が分からなくてもがいてた)

そんな中で劇団に出会い、大物要人の殺害計画を知り、

殺しはダメだ、拉致にしようと命がけで説得し

怪しい裏の人間だの絡んでの拉致事件へと発展したんですね。


で追い詰められた彼らがどうなったのかが「キーチVS」

最終巻に描かれていました。

ネタバレになりますから言えませんが、最後の数ページが

衝撃過ぎてしばらく放心状態になりました。

いや、どうなったのかは物語上、既にわかってるんですが

時系列をバラバラにしていて、その核心部分を最後の最後に

載せてるんです。

最後のページが・・・。

たぶんこんな衝撃的な最終回最後のページは

今後も出てこない気がします。


キーチは結局どうあるべきだったのか。

その特別すぎる幼少時のエピソードから

カリスマ、世の希望とあがめられ、それに応える現状。

人に恋したことで一人の普通の人間に戻りつつある人格。

最後は本当にグラついてました、キーチは。

で決断するのですが、こうなることは誰も止められ

なかったのか。今となっては誰も答えを出せません。


人間は弱い生き物だと思います。

私もそう思います。

そんな中キーチみたいな、何か分からないけど

すごい力を持っている(ような)人が現れたら

すがってしまう部分もやっぱりあるんでしょうね。


でもそれじゃいけないんだ。

私たち一人一人が誰かを頼らず困難に立ち向かう

そのためには

マスコミに踊らされるな

現状に疑問を持て

力に力で立ち向かっても敵わないと自覚しよう

みたいな意識を必要とせよって言いたいのかな

と解釈しました。


とにかく最後のページが夢に出る・・・

すごい長文になりました。感想終わります。




拍手[21回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 

最新コメント

[05/03 猿頬]
[05/03 葉っぱ]
[01/09 青木インパクト]
[01/07 木南]
[12/11 青木インパクト]

 

最新トラックバック

 

プロフィール

HN:
青木猿頬(サルボー)
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/08/15
職業:
現代肉筆浮世絵師
趣味:
一人旅、サバイバルな生活
自己紹介:
旧名:青木インパクト
2015年1月にて改名

 

バーコード